コラム|和光市駅の歯科・歯医者|まほろば歯科

和光市駅・まほろば歯科
〒351-0114
埼玉県和光市本町15-35 大野ビル1F
  • 和光市駅・まほろば歯科・電話
  • 和光市駅・まほろば歯科・メニュー
NEWS 新着情報
2021/11/01【年末年始休診について】

12月29日(水)~1月3日(月)まで休診とさせていただきます。

2021/07/128月26日(木)、9月30日(木)午後休診となります。

院長がハローワークに出向くため、8月26日(木)、9月30日(木)午後休診となります。

2021/07/12緊急事態宣言に伴って

緊急事態宣言が発出されたため、

東京都に隣接する当院においても

感染拡大に協力するため、当面の間、

毎週木曜日の診療を午後4時までいたします。

2021/06/15【夏季休診について】

8月13日(金)~8月15日(日)まで休診とさせていただきます。

2021/06/0410月2日(土) 12時以降、休診

10月2日(土)

企業のセミナー講師として出張するため、

12時以降、休診となります。

2021/06/046月30日(水)午後休診

6月30日(水) ハローワークにて

労働関係の書類提出のため、

午後、休診となります。

2021/06/046月8日 取材のため

6月8日(火)

取材のため、撮影が入りますので、

pm4時以降、休診となります。

2021/04/09【ゴールデンウィーク休診について】

4月29日(木)、5月2日(日)~5月5日(水)まで休診とさせていただきます。

2021/01/08緊急事態宣言のための短縮診療

1月8日より実施される緊急事態宣言を受け、

宣言が終了するまでの、毎週月曜日を

pm5時までの短縮診療を追加実施いたします。

1月18日(月),25日(月)

2月1日(月)

pm5時までとなります。

尚、宣言の延長がなされた場合、

短縮診療を延長いたします。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、

命を守る行動にご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020/10/30【年末年始休診について】

12月30日(水)~1月3日(日)まで休診とさせていただきます。

2020/06/21【夏季休診について】

8月3日(月)~4日(火)は休診とさせていただきます。
8月12日(水)~15日(土)は17時までとなります。

2020/05/19お盆やすみ のお知らせ

■お盆やすみ

・8月3日(月),4日(火)

・8月11日(月)~15日(土) pm5時まで

となります。

2020/05/19診療時間短縮と臨時休診のお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大防止のため

■診療時間短縮

。5月18日~5月30日 pm5時まで

・6月30日まで毎週木曜日 診療時間pm5時まで

となります。

■臨時休診

5月27日,6月10日,24日 臨時休診となります。

2020/04/30臨時休診と診療時間変更について

新型コロナウィルスの感染拡大に対して、十分な感染対策を

行っています。

感染拡大防止への協力の一環として、以下のような

診療時間の短縮と臨時休診を行います。

・診療時間の短縮; 5月 毎週 木曜日 pm5時まで

・臨時休診: 5月13日(水),27日(水)

2019/12/18【年末年始のお休み】

12月29日から1月3日まで休診しております。

1月4日より診療致します。

皆様、良いお年をお過ごしください🎍

 

2019/08/10【お盆休み】

8/11(日)〜8/13(火)お盆休みです。

 

2019/05/22【6月1日(土)】

6月1日(土)  院長が昭和薬品加工(株)会議出席のため、9:30〜15:00までの診療となります。

お昼休みは返上して、通しで診療します。

2019/04/19【新たなドクターが加わります】

4月23日から明海大学歯学部付属病院小児歯科助手の池田英史先生が毎週火曜日に勤務することになりました。

2019/03/19【ゴールデンウィーク休診について】

4月30日(火)~5月2日(木)までは17時までの診療となります。
4月28日(日)、29日(月)、5月3日(金)~6日(月)は休診とさせていただきます。

2018/10/29【ホームページを公開しました】

9月25日(火)に和光市駅にて開院いたしました、まほろば歯科です。本日、ホームページを公開いたしました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

歯周病について正しい知識を身につけよう

皆さんこんにちは。

埼玉県和光市の「まほろば歯科」です。

 

今や「国民病」と呼ばれるほど、罹患率の高い歯周病。
ですが、かかっている自覚がない方が非常に多く、、気付いたときにはすでにかなり進行しているケースも少なくありません。

今回は、歯周病の特徴やその恐ろしさについてお話しします。

 

自覚症状がほとんどない

歯周病は、細菌の感染が引き起こす炎症性疾患です。
歯に付いた食べカスや糖分が細菌たちのエサになり、プラークの温床となります。
プラークや歯石が歯についたままでいると、歯と歯ぐきの境目に炎症が起こり、赤く腫れる歯磨きの時に出血が起きる、などの症状が出始めます。
これが歯周病の初期症状です。

歯周病は初期の段階では自覚症状があまりなく、静かに進行していく病気です。
また、このように初期症状がさほど大したことがないため、見逃されてしまいがちです。
ですが、歯周病が進行していくと、歯を支える組織まで感染が進行し、最終的には歯が抜け落ちてしまいます。

 

溶けた骨は戻らない

歯周病が悪化すると、歯を支える歯槽骨(しそうこつ)を溶かしてしまいます。
歯周病によって溶けてしまった骨は、基本的には元に戻りません。
現在では、噛めるようにまで治療することや、骨を再生する治療もあることにはありますが、おおがかりな治療になってしまいます。

ですが、歯周病がここまでメジャーであるにも関わらず、この事実を知らない方が非常に多く、自分が悪化して初めて知ってショックを受けるというケースに何度も立ち会っています。

 

全身にも影響を及ぼす

また、歯周病は決してお口だけに関係する病気ではありません。
歯周病菌が血管や気管から体内に侵入し、心臓に入れば心筋梗塞、脳に入れば脳梗塞、肺に入れば誤嚥性肺炎、など、さまざまな重篤な疾患を誘発するのです。
ほかにも、認知症、妊婦さんの低体重児・早産の危険、糖尿病の悪化といった原因にもなることがわかっています。

 

まとめ

多くの方が、歯周病と言うと「歯ぐきがら血が出る病気」程度にしか考えていらっしゃいません。
しかし、このように歯槽骨を溶かして歯が抜け落ちたり、重篤な疾患を引き起こしたりと、おそろしい病気なのです。

このことを理解していただき、歯周病予防の大切さを理解してください。
歯周病はおそろしい病気である一方、日々のお口ケアや定期的な歯科検診など、小さなことで防げる病気でもあります。
歯科医院でいろいろなアドバイスをもらえるので、自覚症状がある方はもちろん、最近歯科検診を受けていないという方も、一度歯科医院を受診してみましょう。