コラム|和光市駅の歯科・歯医者|まほろば歯科

和光市駅・まほろば歯科
〒351-0114
埼玉県和光市本町15-35 大野ビル1F
  • 和光市駅・まほろば歯科・電話
  • 和光市駅・まほろば歯科・メニュー
NEWS 新着情報
2021/11/01【年末年始休診について】

12月29日(水)~1月3日(月)まで休診とさせていただきます。

2021/07/128月26日(木)、9月30日(木)午後休診となります。

院長がハローワークに出向くため、8月26日(木)、9月30日(木)午後休診となります。

2021/07/12緊急事態宣言に伴って

緊急事態宣言が発出されたため、

東京都に隣接する当院においても

感染拡大に協力するため、当面の間、

毎週木曜日の診療を午後4時までいたします。

2021/06/15【夏季休診について】

8月13日(金)~8月15日(日)まで休診とさせていただきます。

2021/06/0410月2日(土) 12時以降、休診

10月2日(土)

企業のセミナー講師として出張するため、

12時以降、休診となります。

2021/06/046月30日(水)午後休診

6月30日(水) ハローワークにて

労働関係の書類提出のため、

午後、休診となります。

2021/06/046月8日 取材のため

6月8日(火)

取材のため、撮影が入りますので、

pm4時以降、休診となります。

2021/04/09【ゴールデンウィーク休診について】

4月29日(木)、5月2日(日)~5月5日(水)まで休診とさせていただきます。

2021/01/08緊急事態宣言のための短縮診療

1月8日より実施される緊急事態宣言を受け、

宣言が終了するまでの、毎週月曜日を

pm5時までの短縮診療を追加実施いたします。

1月18日(月),25日(月)

2月1日(月)

pm5時までとなります。

尚、宣言の延長がなされた場合、

短縮診療を延長いたします。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、

命を守る行動にご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020/10/30【年末年始休診について】

12月30日(水)~1月3日(日)まで休診とさせていただきます。

2020/06/21【夏季休診について】

8月3日(月)~4日(火)は休診とさせていただきます。
8月12日(水)~15日(土)は17時までとなります。

2020/05/19お盆やすみ のお知らせ

■お盆やすみ

・8月3日(月),4日(火)

・8月11日(月)~15日(土) pm5時まで

となります。

2020/05/19診療時間短縮と臨時休診のお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大防止のため

■診療時間短縮

。5月18日~5月30日 pm5時まで

・6月30日まで毎週木曜日 診療時間pm5時まで

となります。

■臨時休診

5月27日,6月10日,24日 臨時休診となります。

2020/04/30臨時休診と診療時間変更について

新型コロナウィルスの感染拡大に対して、十分な感染対策を

行っています。

感染拡大防止への協力の一環として、以下のような

診療時間の短縮と臨時休診を行います。

・診療時間の短縮; 5月 毎週 木曜日 pm5時まで

・臨時休診: 5月13日(水),27日(水)

2019/12/18【年末年始のお休み】

12月29日から1月3日まで休診しております。

1月4日より診療致します。

皆様、良いお年をお過ごしください🎍

 

2019/08/10【お盆休み】

8/11(日)〜8/13(火)お盆休みです。

 

2019/05/22【6月1日(土)】

6月1日(土)  院長が昭和薬品加工(株)会議出席のため、9:30〜15:00までの診療となります。

お昼休みは返上して、通しで診療します。

2019/04/19【新たなドクターが加わります】

4月23日から明海大学歯学部付属病院小児歯科助手の池田英史先生が毎週火曜日に勤務することになりました。

2019/03/19【ゴールデンウィーク休診について】

4月30日(火)~5月2日(木)までは17時までの診療となります。
4月28日(日)、29日(月)、5月3日(金)~6日(月)は休診とさせていただきます。

2018/10/29【ホームページを公開しました】

9月25日(火)に和光市駅にて開院いたしました、まほろば歯科です。本日、ホームページを公開いたしました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

むし歯のメカニズムを知ろう!

皆さんこんにちは。

埼玉県和光市の「まほろば歯科」です。

 

一度もむし歯になったことがない人と、むし歯になりやすい人では、どのような差があるのかご存知ですか?

今回はその違いを探るために、むし歯のメカニズムについてもご説明し、皆さんが「むし歯になりにくい人」となっていただきたいと思います。

 

むし歯ができるまで

お口の中に存在するむし歯菌は、食べ物や飲み物に含まれる糖分をエサにして歯に付着し、プラーク(歯垢)となります。
プラーク中のむし歯菌はさらに糖分をエサにして酸を放出し、その酸が歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンを溶かし、やがて歯に穴いてしまいます。

このようにむし歯ができていきますが、その進行は一気に進むわけではありません。
まず「ホワイトスポット」と呼ばれる奥歯の溝に白い斑点ができた状態になり、これは歯の表面のエナメル質が酸性になることで、エナメル質のカルシウム成分が少なくなる「脱灰」と呼ばれる現象が進むと見られます。
この段階であれば、ブラッシングやフッ素塗布だけで治療することが可能です。

「ホワイトスポット」の状態からむし歯が進行すると、その部分が黒ずんできます。
歯の表面のエナメル質がさらに溶かされてしまった状態ですが、まだ自覚症状がない場合も多いです。

さらに、エナメル質の内側の象牙質にまでむし歯が進行すると、飲食をした時に冷たいものや甘いものがしみてきます。

そして、象牙質の内側の神経にまでむし歯が進行し、神経までむし歯が達してしまうと、何もしなくても痛みが出ます。
かなりむし歯が進行してしまっているので、「根管治療」なども必要になってきます。

 

むし歯になりやすいところ

むし歯のできやすいところは、プラークのつきやすいところです。
子どもの場合は、奥歯の溝など、歯ぐきに近いところ、そして歯と歯の間です。
成人は、詰め物・被せ物と歯の境目で、「二次むし歯」と呼ばれます。
また、加齢により歯ぐきが少しずつ減ってきて歯根が出てくると、象牙質が露出するので、この部分もむし歯になりやすいところです。

 

むし歯になりやすい人

ほとんどの人の口には、むし歯菌が含まれています。
その中でも、お口のケアができていなくてむし歯菌が多い人や、食生活などのせいでむし歯菌が活発に活動しやすい人はむし歯になりやすいです。
つまり、プラークをうまく除去できない人、そしてプラーク中の細菌の栄養である糖分を頻繁に摂取する人がむし歯になりやすいのです。

 

まとめ

むし歯はこのように進行していきます。
初期むし歯の状態で歯科医院を受診すれば、歯を削ることなく治すことが可能です。
さらに、むし歯になりやすい人でも、お口のケアや食生活を改善することで、むし歯になりにくくできます。
「むし歯になりやすいから…」と諦めず、少しずつでも努力していきましょう。