コラム|和光市駅の歯科・歯医者|まほろば歯科

和光市駅・まほろば歯科
〒351-0114
埼玉県和光市本町15-35 大野ビル1F
  • 和光市駅・まほろば歯科・電話
  • 和光市駅・まほろば歯科・メニュー
NEWS 新着情報
2021/11/01【年末年始休診について】

12月29日(水)~1月3日(月)まで休診とさせていただきます。

2021/07/128月26日(木)、9月30日(木)午後休診となります。

院長がハローワークに出向くため、8月26日(木)、9月30日(木)午後休診となります。

2021/07/12緊急事態宣言に伴って

緊急事態宣言が発出されたため、

東京都に隣接する当院においても

感染拡大に協力するため、当面の間、

毎週木曜日の診療を午後4時までいたします。

2021/06/15【夏季休診について】

8月13日(金)~8月15日(日)まで休診とさせていただきます。

2021/06/0410月2日(土) 12時以降、休診

10月2日(土)

企業のセミナー講師として出張するため、

12時以降、休診となります。

2021/06/046月30日(水)午後休診

6月30日(水) ハローワークにて

労働関係の書類提出のため、

午後、休診となります。

2021/06/046月8日 取材のため

6月8日(火)

取材のため、撮影が入りますので、

pm4時以降、休診となります。

2021/04/09【ゴールデンウィーク休診について】

4月29日(木)、5月2日(日)~5月5日(水)まで休診とさせていただきます。

2021/01/08緊急事態宣言のための短縮診療

1月8日より実施される緊急事態宣言を受け、

宣言が終了するまでの、毎週月曜日を

pm5時までの短縮診療を追加実施いたします。

1月18日(月),25日(月)

2月1日(月)

pm5時までとなります。

尚、宣言の延長がなされた場合、

短縮診療を延長いたします。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、

命を守る行動にご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020/10/30【年末年始休診について】

12月30日(水)~1月3日(日)まで休診とさせていただきます。

2020/06/21【夏季休診について】

8月3日(月)~4日(火)は休診とさせていただきます。
8月12日(水)~15日(土)は17時までとなります。

2020/05/19お盆やすみ のお知らせ

■お盆やすみ

・8月3日(月),4日(火)

・8月11日(月)~15日(土) pm5時まで

となります。

2020/05/19診療時間短縮と臨時休診のお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大防止のため

■診療時間短縮

。5月18日~5月30日 pm5時まで

・6月30日まで毎週木曜日 診療時間pm5時まで

となります。

■臨時休診

5月27日,6月10日,24日 臨時休診となります。

2020/04/30臨時休診と診療時間変更について

新型コロナウィルスの感染拡大に対して、十分な感染対策を

行っています。

感染拡大防止への協力の一環として、以下のような

診療時間の短縮と臨時休診を行います。

・診療時間の短縮; 5月 毎週 木曜日 pm5時まで

・臨時休診: 5月13日(水),27日(水)

2019/12/18【年末年始のお休み】

12月29日から1月3日まで休診しております。

1月4日より診療致します。

皆様、良いお年をお過ごしください🎍

 

2019/08/10【お盆休み】

8/11(日)〜8/13(火)お盆休みです。

 

2019/05/22【6月1日(土)】

6月1日(土)  院長が昭和薬品加工(株)会議出席のため、9:30〜15:00までの診療となります。

お昼休みは返上して、通しで診療します。

2019/04/19【新たなドクターが加わります】

4月23日から明海大学歯学部付属病院小児歯科助手の池田英史先生が毎週火曜日に勤務することになりました。

2019/03/19【ゴールデンウィーク休診について】

4月30日(火)~5月2日(木)までは17時までの診療となります。
4月28日(日)、29日(月)、5月3日(金)~6日(月)は休診とさせていただきます。

2018/10/29【ホームページを公開しました】

9月25日(火)に和光市駅にて開院いたしました、まほろば歯科です。本日、ホームページを公開いたしました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

乳歯はむし歯になっても新しく生えてくるから大丈夫???

皆さんこんにちは。

埼玉県和光市の「まほろば歯科」です。

 

「乳歯は抜けてしまうから、放置しても大丈夫」
このように考える大人の方は意外と多くいらっしゃいます。

ですがこの考え、とても危険です!

 

むし歯を放置するリスク

乳歯がむし歯になると、さまざまな悪影響を及ぼします。

むし歯のために早い時期に歯を抜くことになってしまうと、隙間を埋めようと両隣の歯が移動し、永久歯も正常ではない位置に生えてきてしまうため、歯並びがガタガタになる原因になります。

また、むし歯のせいできちんと噛むことができないと、あごの骨が成長しない、骨格が変形してしまう、栄養がきちんと取れずに身体の成長や健康にも支障が出る、脳に刺激が伝わらずに学力に影響が出る、スポーツ時に食いしばることができないなど、と多岐にわたって影響が出てしまいます。

また、むし歯は非常に再発しやすい病気です。
そのため、小さいうちにむし歯を作ってしまうと、その先ずっとむし歯のリスクが高いままとなってしまいます。

 

こどもの頃からの予防の重要性

このように、乳歯がむし歯になることで、さまざまな悪影響を及ぼします。

乳歯にむし歯がなければ、永久歯がむし歯になったり、歯並びが悪くなったりすることを防ぐことが可能です。
そのためにも、小さいうちからむし歯予防をすることは、とても大切です。

また、子どもの頃からむし歯予防の習慣を身につけておくことで、大人になってもお口のトラブルを防ぐことができ、生涯ご自分の健康な歯で過ごすことができるのです。

 

定期的なメンテナンス

むし歯予防にはご家庭でのケアも大切ですが、歯科医院での定期的なメンテナンスも有効です。
定期検診では、お口の状態をチェックするほか、フッ素塗布やシーラント処置を行います。

フッ素には、歯質を強くしてむし歯に対する抵抗性を高める効果があります。
具体的には、フッ素がエナメル質にふれると、エナメル質の結晶が硬く強いものに変化し、むし歯菌に対する抵抗性が高くなる、歯の再石灰化を促してむし歯の進行をおさえる、むし歯菌が酸をつくり出す働きも弱めるなどの作用です。

また、シーラントとは、奥歯の溝を薄いフッ素入りのプラスチックで埋める予防法です。
奥歯の溝は複雑な形をしているため、歯磨きをしていてもむし歯になってしまうことがあります。
フッ素入りのシーラントで奥歯の溝を埋めてしまうことで、奥歯のむし歯を防ぐことができます。

 

まとめ

数年間しか使わない乳歯ですが、その後の健康なお口や身体づくりのために、非常に重要な役割を果たしています。
小さいうちから歯科医院での定期検診とご自宅でのケアで、お子さんの乳歯を守ってあげましょう。