コラム|和光市駅の歯科・歯医者|まほろば歯科

和光市駅・まほろば歯科
〒351-0114
埼玉県和光市本町15-35 大野ビル1F
  • 和光市駅・まほろば歯科・電話
  • 和光市駅・まほろば歯科・メニュー
NEWS 新着情報
2021/11/01【年末年始休診について】

12月29日(水)~1月3日(月)まで休診とさせていただきます。

2021/07/128月26日(木)、9月30日(木)午後休診となります。

院長がハローワークに出向くため、8月26日(木)、9月30日(木)午後休診となります。

2021/07/12緊急事態宣言に伴って

緊急事態宣言が発出されたため、

東京都に隣接する当院においても

感染拡大に協力するため、当面の間、

毎週木曜日の診療を午後4時までいたします。

2021/06/15【夏季休診について】

8月13日(金)~8月15日(日)まで休診とさせていただきます。

2021/06/0410月2日(土) 12時以降、休診

10月2日(土)

企業のセミナー講師として出張するため、

12時以降、休診となります。

2021/06/046月30日(水)午後休診

6月30日(水) ハローワークにて

労働関係の書類提出のため、

午後、休診となります。

2021/06/046月8日 取材のため

6月8日(火)

取材のため、撮影が入りますので、

pm4時以降、休診となります。

2021/04/09【ゴールデンウィーク休診について】

4月29日(木)、5月2日(日)~5月5日(水)まで休診とさせていただきます。

2021/01/08緊急事態宣言のための短縮診療

1月8日より実施される緊急事態宣言を受け、

宣言が終了するまでの、毎週月曜日を

pm5時までの短縮診療を追加実施いたします。

1月18日(月),25日(月)

2月1日(月)

pm5時までとなります。

尚、宣言の延長がなされた場合、

短縮診療を延長いたします。

 

ご迷惑をおかけいたしますが、

命を守る行動にご協力をどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020/10/30【年末年始休診について】

12月30日(水)~1月3日(日)まで休診とさせていただきます。

2020/06/21【夏季休診について】

8月3日(月)~4日(火)は休診とさせていただきます。
8月12日(水)~15日(土)は17時までとなります。

2020/05/19お盆やすみ のお知らせ

■お盆やすみ

・8月3日(月),4日(火)

・8月11日(月)~15日(土) pm5時まで

となります。

2020/05/19診療時間短縮と臨時休診のお知らせ

新型コロナウィルス感染拡大防止のため

■診療時間短縮

。5月18日~5月30日 pm5時まで

・6月30日まで毎週木曜日 診療時間pm5時まで

となります。

■臨時休診

5月27日,6月10日,24日 臨時休診となります。

2020/04/30臨時休診と診療時間変更について

新型コロナウィルスの感染拡大に対して、十分な感染対策を

行っています。

感染拡大防止への協力の一環として、以下のような

診療時間の短縮と臨時休診を行います。

・診療時間の短縮; 5月 毎週 木曜日 pm5時まで

・臨時休診: 5月13日(水),27日(水)

2019/12/18【年末年始のお休み】

12月29日から1月3日まで休診しております。

1月4日より診療致します。

皆様、良いお年をお過ごしください🎍

 

2019/08/10【お盆休み】

8/11(日)〜8/13(火)お盆休みです。

 

2019/05/22【6月1日(土)】

6月1日(土)  院長が昭和薬品加工(株)会議出席のため、9:30〜15:00までの診療となります。

お昼休みは返上して、通しで診療します。

2019/04/19【新たなドクターが加わります】

4月23日から明海大学歯学部付属病院小児歯科助手の池田英史先生が毎週火曜日に勤務することになりました。

2019/03/19【ゴールデンウィーク休診について】

4月30日(火)~5月2日(木)までは17時までの診療となります。
4月28日(日)、29日(月)、5月3日(金)~6日(月)は休診とさせていただきます。

2018/10/29【ホームページを公開しました】

9月25日(火)に和光市駅にて開院いたしました、まほろば歯科です。本日、ホームページを公開いたしました。今後ともどうぞ宜しくお願いいたします。

乳歯はむし歯になりやすいってホント?

皆さんこんにちは。

埼玉県和光市の「まほろば歯科」です。

 

お子さんには健康な歯でいてほしいと、親御さんであれば誰もが願うでしょう。
ですが、乳歯は永久歯に比べてむし歯になりやすいのをご存知ですか?

 

乳歯の特徴

乳歯がむし歯になりやすいのには、いくつかの理由があります。

乳歯は永久歯に比べてエナメル質や象牙質の厚さが半分程度しかありません。
さらに、歯の表面に汚れなどが付着しやすくなっています。
このようにまだ歯質が弱いうえに再石灰化の力も弱いため、むし歯菌で簡単に溶かされてしまうのです。

また、小さなお子さんは、自分では充分な歯磨きができません。
表面的にはキレイに磨けていても、歯の間や奥歯、葉の裏には磨き残しが多くなりがちです。

 

乳歯と永久歯のちがい

まず見てわかるように、乳歯は永久歯と比べて一回りサイズが小さいです。
色は、乳歯は白に近いですが、永久歯は黄みがかった色をしています。
乳歯の本数は全部で20本ですが、永久歯は親知らずも含めて32本あります。

また、歯質はエナメル質、象牙質、歯髄、セメント質など、歯を構成する組織に違いはありませんが、乳歯は永久歯よりエナメル質や象牙質が薄く、厚みが半分ほどしかありません。

 

家庭でできる乳歯のむし歯予防

生まれたての赤ちゃんのお口には、細菌は存在していません。
ですが、周りの大人から感染することでむし歯になってしまうことがあります。
そのため、大人と食器の共用を避ける、口移しで食べ物を与えない、といったことに気をつけるようにしましょう。
とはいえ、可愛いお子さんとのスキンシップは欠かせないもの。
お子さんにむし歯菌を移さないように、ご家族皆さんでお口のケアにつとめましょう。
みんなが健康なお口でいれば、赤ちゃんにむし歯菌が移るリスクを減らすことができます。

また、大人がしっかりと歯を磨いてあげることが必要となります。
子供の歯は小さく、歯ぐきも弱いため、使う歯ブラシや力の入れ方に気をつけ、正しい歯磨きをしてあげることが重要です。
正しい歯磨きの方法は、定期検診などでお伝えしています。
「自分で磨きたい」というお子さんの気持ちを育みつつ、大きくなってもしばらくは仕上げ磨きをしてあげましょう。

 

まとめ

このように、むし歯リスクの高い乳歯ですが、周りの大人が気をつけてあげることで防ぐことが可能です。
ご家庭でのケアはもちろん、定期的に歯科医院で診てもらうこともむし歯予防につながります。
お子さんだけでなく、大人も一緒にケアをして、家族みんなで健康なお口づくりに励みましょう。